2016年11月12日

ヘブライ式福音伝授・Cohen神学大学の権威 キム・ヒョンジョン博士の3日間集中講義のご案内

ヘブライ式福音伝授・Cohen神学大学の権威 キム・ヒョンジョン博士の3日間集中講義のご案内
http://voh.plala.jp/cohen/161207seminar/

posted by リチャード at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

アダム系図に隠されていた福音(創世記5章)

アダム系図に隠されていた福音(創世記5章)
第一礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
第二礼拝・礼拝全体音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存


本日は教会暦では「しゅろの聖日(パームサンデー)」、すなわち、イエス様がろばに乗ってエルサレムに入城し、人々が自分の衣服や「しゅろの葉」を置いて「ホサナ」と叫びつつ歓迎した日である。
そして、次週主日のイースター(復活祭)までの1週間を、「受難週(Passion Week)」 としている。
イエス様はなぜ苦難を受けられ、十字架で死なれ、そして、復活されたのか。それは、愛の故である。

神は人(ヘブル語:アダム)を、神の似姿として、そして、愛し愛される事の”相手”として、創造された。
神の人に対する愛は、独り子を捧げる程であり、御子キリストの愛の深さは、自らの命を投げ出す程である。
神は、全被造物を、神と人とが共に住み、愛の関係を結びつつ暮らして行く”住み家”として創造された。
創造の当初、全て創られたものは、あらゆる良きもので満ち満ちており、呪われるべきものは何一つ無かったが、人は神のいましめをないがしろにし、善悪を知 る木から取って食べ、愛なる神のその愛を捨て、神から独立し、自分で善悪判断しながら、好き勝手に生きるようになってしまった。
それで人は、罪と死という、致命的な運命を背負って生きるようになり、悲惨に満ちた人生となってしまった。
神はそんな人類を救おうとご計画されるのだが、実は、その全容が創世記5章の系図に隠されているのだ。

ヘブル語の人名には、それぞれ意味があるのだが、この創世記5章のアダム系図の名前を、順番に列挙して行くと、面白い事に、一つの意味が浮かび上がって来る。
アダムは「人、土」という意味であり、セツは「約束の、授けられた、定着した」という意味、エノシュは「脆い、致命的、悲惨」、ケナンは「悲しみ、哀歌」、マハラルエルは「祝福の神」という意味である。
エレデは「降りてくる」、エノクは「教える、始まる、ささげる」、メトシェラは「彼が死ぬ時、何かが起きる」、レメクは「嘆き、悲しみ」、ノアは「慰め、新しい希望」という意味である。
以上、これらの名前の意味をつなげると、次のようになる。
「人は、約束された(授けられた)。脆さ、致命的な悲惨が。祝福の神は、降りて来て、教え、捧げた。
彼が死ぬ時、何かが起きる。嘆き悲しみは、慰められ、新しい希望となる。」
この浮かび上がった意味は、まさしく、イエス・キリストによる人類の救いを表しているではないか。

祝福の神の御子、キリストは、人に定められてしまった罪と死の悲惨から救い出すため、神であられる身分に固執する事をせず、人の世に降りて来られ、赤ちゃ んとなって、人の間に宿られた。小さなその手に、全ての人の罪と穢れを握り締め、彼らの身代わりとなるために、十字架に向かって歩み出された。
彼が30歳になった時、福音を教え始められ、そして時至った時、自ら十字架につけられるために、ろばに乗って、エルサレムに入られた。本日は、それを記念する日である。
人々はしゅろの枝を手に持ち、諸手を挙げて彼を歓迎したが、一体誰が想像しただろうか。週の終わりにその歓声は「十字架につけろ」という罵倒に逆転し、人々はこぞって彼を十字架につける側に回る事を。
彼は蔑まれ、ののしられ、十字架の上へと渡された。彼は血を流し、自らを捧げ、死なれた。
しかし彼が死んだ時、何かが起こった。それは全人類にとって、とてつもなく素晴らしい”何か”である。
すなわち私達は、私達の身代わりとなって懲らしめを受けられた彼にあって、罪は取り除かれ、癒され、呪いは祝福へと変えられ、悲惨だった人生は慰められ、死と呪いに満ちた私達の人生に、新しい希望の光が灯ったのだ。(イザヤ53:5)

キリストは、全世界の王の王、主の主であられるのに、人々はそれを拒否した。しかし、この御方を受け入れた人は、神の子となる特権が与えられる。(ヨハネ 1:9-14) この素晴らしい救いは、アダムの時代、人が堕落した時点から、神はそのご計画を定めておられ、系図に記され、時が及んで、それを成就され たのだ。
「ほむべきかな、私達の主イエス・キリストの父なる神。神はキリストにあって、天上で霊の諸々の祝福をもって、わたしたちを祝福し、御前にきよく傷のない 者となるようにと、天地の造られる前から、キリストにあって私達を選び、私達にイエス・キリストによって神の子たる身分を授けるようにと、御旨のよしとす るところに従い、愛のうちにあらかじめ定めて下さったのである。」(エペソ1:3-5)

posted by リチャード at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

エノク – 邪悪な世で死を免れた預言者(創世記5:19-24)

エノク – 邪悪な世で死を免れた預言者(創世記5:19-24)
第一礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
第二礼拝・礼拝全体音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

カインの子孫は、城を建てて集結し、文明を発達させ、やられたら何倍にもして仕返しする性質によって勢力を伸ばして行った。そのような者達が増え栄えて行くと、地は堕落し、暴虐に満ちて行ってしまう。
そんな彼らを、神はすぐに裁く事はせず、神に従う子孫、すなわち、主の御名を呼び求め祈る子孫達を備え、彼らを通して全世界の人々に御言葉を伝え、平和の内に、人々を神に立ち返らせようとした。
主のその方法は、昔も今も全く同じである。主は、裁きよりも憐れみを、滅びよりも救いを望まれるからだ。
今回はそのように、主の預言者として用いられ、愛され、死を見なかった人・エノクについて見て行きたい。

エノクが他の人達と違う所は、「エノクは神とともに歩み、神が彼を取られたので、いなくなった」点である。エノクは、信仰によって、神に喜ばれていた。 (ヘブル11:5)『信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であること とを、信じなければならないのです。』(同6節)
エノクのように、裁きの日の前に、神に取られ、天に引き上げられ、死を見る事が無い人は、確かにいる。
イエス・キリストを信じる人は、決して滅びる事がなく、永遠のいのちを持つ。(ヨハネ6:50、11:26)
エノクは、その型である。すなわち、信仰によって永遠のいのちへと移される人の型なのだ。

彼のもう一つの性質は”預言者”であり、不信心な世代に対し警鐘を鳴らした。『アダムから七代目のエノクも、”彼ら”について預言してこう言っています。 「見よ。主は千万の聖徒を引き連れて来られる。すべての者にさばきを行ない、不敬虔な者たちの、神を恐れずに犯した行為のいっさいと、また神を恐れない罪 人どもが主に言い逆らった無礼のいっさいとについて、彼らを罪に定めるためである。」』(ユダ14,15節)
エノクは、当時のカイン系列の不信心な”彼ら”に、そのように預言した。その”彼ら”とは、どういう性質か。
『彼らはぶつぶつ言う者、不平を鳴らす者で、自分の欲望のままに歩んでいます。その口は大きなことを言い、利益のためにへつらって人をほめるのです。』(同16節)
私達も、ぶつぶつ言う者、不平を鳴らす者、自分の欲望のままに歩む者、大きなことを言う者、利益のためにへつらって人をほめる者には、御言葉を宣言して戒めるのだ。それ以上の事は、するべきではない。
カインの子孫のような者達を見る時、怒ったり、思い煩ったり、悩んだり、苦しんだりしがちだが、そのようにして、心と思いを汚してはならない。
聖なる御言葉を宣言し、跡の裁きは、主に委ね、自分はただ、聖なる御言葉に心と思いを向けるべきだ。

ユダ書に共通して示されている事は、裁きは主がなさる事、その主に委ねよ、自分で何かを行うな、である。
主は、自分の領域を守らず、自分のおるべき所を捨てた御使いたちを、大いなる日の裁きのために、永遠の束縛をもって、暗やみの下に閉じ込められた。(6 節) また、ソドムとゴモラのように、好色にふけり、不自然な肉欲を追い求めた者達を、永遠の火の刑罰を受けさせ、みせしめにした。(7節)
また、御使いのかしらミカエルは、悪魔と論じ言い争った時、相手を罵り裁くような事はせず、「主があなたを戒めてくださるように」とだけ言って、後の裁き は主に委ねた。ミカエルは悪魔より強いにもかかわらず、主の裁きの時でないなら、自分の力を行使しなかった。そして、エノクも、「主は裁かれる」と言っ た。
私達聖徒が身につけるべきたしなみは、ユダ書17節以降に記されている。
私達は、主に愛された者として、いつも御言葉を思い出すべきである。
今の終わりの時、不自然な欲望のままに振舞う”あざける者”が現われる。彼らは御霊を持たず、分裂を起こす”肉の人”であるが、私達は、聖い信仰の上に自 分自身を築き上げ、聖霊によって祈り、神の愛のうちに自分自身を保ち、主イエス・キリストのあわれみを待ち望むべきである。(17-21節)
疑いを抱く「人々」は、あわれむべきであって、憎むべきではない。彼らを火の中から掴み出して救い、それでいて、肉によって汚された「行い」は、徹底して忌み嫌うのだ。(22-23節)
この邪悪な時代にあって、カインのような者には、御言葉をただ宣言し、そして自身は、聖なる御言葉に浸され、清められ、愛の内に命を養われる皆さんでありますように!イエス様のお名前によって祝福します!

posted by リチャード at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

レメクとセツ - 神抜きで生きる子孫と、主を呼ぶ子孫(創世記4:19-24)

レメクとセツ - 神抜きで生きる子孫と、主を呼ぶ子孫(創世記4:19-24)
第一礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
第二礼拝・礼拝全体音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

神は、カインが犯した殺人と傲慢の罪に対し、彼が示した、僅かばかりの悔いる心に、憐れみで応え、誰もカインを撃つことのないようにと、しるしを与えて下さった。
彼は、その後、主の前から(KJV:主の臨在から)去って、町(城)を建てて住み、その町の名は、自分の子の名にちなんだ名をつけ、そうして子孫を産んで行った。
カインの来孫(らいそん)にあたるレメクは、二人の妻をめとり、家畜を飼う者の先祖・ヤバル、笛と竪琴を巧みに奏する者の先祖・ユバル、青銅と鉄のあらゆる用具の鍛治屋の先祖・トバル・カインとを産んだ。
地が呪われ、農耕ができなくなってしまったカインは、城を建て、結束し、その子孫たちは畜産や芸術、技術などの文明を発達させた。神に頼るのではなく、人々を結束させ、その力に頼って生きるようになった。
しかしそれは、アダムの以来の「いちじくの葉」の進化形に過ぎず、自分の裸を覆うための取り繕いに過ぎない。このいちじくの葉は、代を降るごとに発展し、鎧となり、城壁となり、兵器となって行く。
神抜きの必要の満たし、神抜きの娯楽や慰め、神から離れたテクノロジーの発達は、代を降って行くごとに暴虐さ邪悪さが増し加わって行くのだ。

カインの子孫は、代を重ねるごとに、どのような価値観を培ってきたのか。レメクの言葉から見る事が出来る。
『レメクはその妻たちに言った、「アダとチラよ、わたしの声を聞け、レメクの妻たちよ、わたしの言葉に耳を傾けよ。わたしは受ける傷のために、人を殺し、 受ける打ち傷のために、わたしは若者を殺す。カインのための復讐が七倍ならば、レメクのための復讐は七十七倍。」』(創世記4:23-24)
カインを殺す者には七倍の復讐、だったのに、レメクの代では、それが七十七倍に増加している。
少しでも傷を受けたなら、相手を殺す。しかも、その事を妻たちに誇らしげに自慢している。
集結し、城を建ててそこに住み、文明を発達させ、やられたら倍返しする。まるでマフィア同じ性質だ。
神はなぜカインを生かし、カインを殺す者には7倍の復讐を受けるようにされたのか。それは、神の彼に対する憐れみであって、決して倍返しの爽快感を彼に味わわせるためではないし、誇らせるためではない。
それなのに彼は、神様が与えて下さった憐れみを、悪用し、自分のため、人を脅すために用いた。
このように、やられたら何倍にもして返す生き方、共に結束し、力を合わせて文明を発達させる生き方を続けて行くと、やがて地は堕落し、暴虐に満ちて行き、神が心痛めるまでになるのである。(6章)
カインのような者は、すぐにでも滅ぼせば良かったのに、と人は思うかもしれない。しかし、もし神がそのようなお方だったとしたら、人は誰も残っていなかっただろう。
神は、忍耐と赦しに富みたもうお方だからこそ、私達は救われたのだ。

神は、主を呼び求める子孫、すなわち、神と共に歩む子孫をも、備えて下さる。(創世記4:25-26)
カインとは別の、アダムとエバの子「セツ(約束された、倍賞)」の子孫は、主の御名を呼ぶ事をはじめた。
エバに約束された、サタンの頭を踏み砕く「女の子孫」は、彼の系列から生まれる。
世の中がいかに不信仰に満ちようとも、主は、残された民を備えておられるのだ。

私達はカインとセツのうち、属するとしたらどちらに所属して生きたいだろうか?
キリスト者なら「セツ」と答えるのが模範的だろうが、本当にそうだろうか。別の観点から質問しよう。
城を建て、その中で結束して住み、肉を食べ、スタイリッシュな音楽を聞き、発達したテクノロジーの恩恵に与り、力と知恵を集結して文化を発展させ、やられ たら7倍返しができる。けれども、神様からは離れた価値観で生きている集団と、そのような神を知らぬ集団からは離れ、主の御名を呼び、主と共に歩む集団。
一体どちらに所属して生きたいだろうか?クリスチャンの中には、「セツの道を選びます」と口先で言いながら、実はカインの道に憧れて、そちらの集団で生きている者は、意外と多いのではないだろうか。
カインの子孫は、やがて水で滅ぼし尽くされ、カインの子孫と結合した神の子達も、同じ運命をたどる。
それは現代を生きる私達も、同じである。
私たちは、主に呼び出された者達、エクレシア(教会)である。私達は主キリストから呼び出されているからには、主の御名を呼ぶ事をやめてはならない。

posted by リチャード at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

カイン2 - 呪いと拒絶と放浪の原因(創世記4:6-15)

カイン2 - 呪いと拒絶と放浪の原因(創世記4:6-15)
第一礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
第二礼拝・礼拝全体音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

主への捧げ物が受け入れられなかったカインは、怒り、主に対し顔を伏せるという傲慢な態度を取ったが、主は彼を早速罰するのでなく、彼を恋い慕う罪から助け出そうと、彼に「罪を治めよ」と助言した。
罪を治めるとは、前回学んだ通り、神に逆らって立つ全ての思いを捕縛してキリストに服従させる事である。
しかしカインは、主のアドバイスどおりにせず、罪を治める努力をせずに、逆に、怒りに身を委ねた。
『カインは弟アベルに言った、「さあ、野原へ行こう」。彼らが野にいたとき、カインは弟アベルに立ちかかって、これを殺した。』(創世記4:8) こうして人類初の殺人は、女から生まれた最初の人によって行われた。
アベルは、カインの手によって血が流れ、カインの目の前で倒れ、カインの目の前で息が絶えた。
アベルはもう二度と、その目がカインを見る事はなくなり、その口でカインに語りかける事も、なくなった。
全能なる主は、どれ程心を痛めていただろう。それでも主は、再度、カインのほうに歩み寄った。
『弟アベルは、どこにいますか。』(創世記4:9a) この主からの問いかけに、自分は一体アベルに何をしてしまったのか、アベルは今どうなって、一体ど こに行ってしまったのか、そこに思いを馳せるのではなく、さらに傲慢無礼になって、「知りません。わたしが弟の番人でしょうか。」(創世記4:9b)  と、主に答えた。

怒り。それは、兄弟姉妹への愛と憐れみを忘れさせ、主から伸べられた救いを忘れさせ、主への恐れと、地獄の刑罰に対する恐れをも、忘れさせる。主は、人の 怒りにひるむお方ではないし、「ああそうですか、それじゃ他を当たります」などと退くような方ではない。主は、侮られるような方ではない。
自分の為した結果と、神の前で告白した言葉の報いは、きっちりと、受けるのである。
自ら手を下して動かなくなってしまった兄弟姉妹を見ても、何とも思わない者、自分が一体兄弟姉妹に何を言ったか、何をしてしまったかに、心を配らない者、 全能者を前に、恐れる心もなく、うそをつき、楯突くような者は、仕事が呪われ、人々からも忌み嫌われ、どこにも居場所が無くなり、さすらい人となるのだ。

『主は言われた、「あなたは何をしたのです。あなたの弟の血の声が土の中からわたしに叫んでいます。今あなたはのろわれてこの土地を離れなければなりませ ん。この土地が口をあけて、あなたの手から弟の血を受けたからです。あなたが土地を耕しても、土地は、もはやあなたのために実を結びません。あなたは地上 の放浪者となるでしょう」。 』(創世記4:10-12)
不当に流された血は、その地を汚す。カインは土を耕す者だったが、その土地はカインにとって呪われたものとなり、もはや彼が耕しても、地は彼に敵対して、産物を出さない。
不当に傷つけて流された血は、主に向かって叫ぶ。経済的に流された血も主に叫び(ヤコブ5:4-5)、貧しい人の心が流した血の叫びを、主は忘れる事は無い。(詩篇9:12)
その叫びによって、血を流した者の手のわざは呪われる。そして流されてきた義人たちの血は、アベルの時から積み重なっており、終わりの日に、血を流した者たちの上に返ってくるのである。(マタイ23:35)

自分の罪や恥ずべき事を「指摘」された時、嫌がったり、話題を逸そうとしたり、あるいは指摘している人を逆に訴える者がいるが、そのような人は、いつまでも呪われた生き方から脱却出来ない。
自分の罪と向き合う事をしないから、罪は相変わらず手付かずのまま残ったままで、その罪が、神との隔ての壁となり、祝福の窓はふさがったままだからだ。
カインもアダムも、神様から罪を指摘された時、それを認めるのではなく、逆に訴え、それで呪いが確定してしまったように、罪を認めず、神や人を逆に訴える者の受ける分は、呪いと人々からの拒絶と放浪である。

『カインは主に言った。「わたしの罪は重すぎて負いきれません。』(4:13) この言葉には少しだけ、神様に憐みを求める意図が見えるが、続く言葉は、これから待ち受けいる呪いへの悲嘆とつぶやきに満ちている。
それでも神は、そんな彼のわずかばかりの憐れみを求める願いにこたえて下さり、出会う者がだれも彼を撃つことのないようにと、カインにしるしを付けて下さった。神は幾度、カインに憐れみで歩み寄っただろう!
カインは神の憐れみにへりくだり、悔い改めるべきだったが、そうではなかった。次回に詳しく見ていきたい。
神に逆らって立つ全ての思いを捕縛してキリストに服従させ、罪を逆に支配する皆さんでありますように!

posted by リチャード at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

カイン - 罪に慕われる時、支配せよ(創世記4:3-7)

カイン - 罪に慕われる時、支配せよ(創世記4:3-7)
第一礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
第二礼拝・礼拝全体音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存 韓国語メッセージの逆通訳:右クリックで保存


人類史上、初の「死」は、兄の手による弟の殺人であり、その動機は、捧げものに関するねたみであった。ねたみや怒りの衝動は、現代を生きる私達にも、ありありと存在し、それを対処する責任は私達にある。
そうした性質は、どのように対処すべきか。今回はそれを学びたい。

『カインとその供え物とは顧みられなかったので、カインは大いに憤って、顔を伏せた。』(創世記4:5)
神は、気まぐれや意地悪でカインの捧げ物を顧みられなかったのではない。彼が神を主としておらず、自分を主とする傲慢な心があったから、御前に正しくなかったから、その捧げ物を受け取らなかったのだ。
彼の行動は、明らかに、彼は自己流の方法を、神よりも高い所に置いていた事を示している。
私達の主は、キリストであって、自分ではない。まず、高ぶる心を下ろし、主を主として拝するべきである。
御前で怒り、顔を背けるという、尊大な態度を取ったにもかかわらず、神は彼を救うために、取り扱われた。
「なぜあなたは憤るのですか、なぜ顔を伏せるのですか。正しい事をしているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。もし正しい事をしていないのでしたら、 罪が門口に待ち伏せています。それはあなたを慕い求めますが、あなたはそれを治めなければなりません」。(創世記4:6-7)

罪が戸口の隙間から私達を慕い求めながら見ている時、私達には二つの道がある。
その罪を「支配」するか、それとも、怒りや欲望の欲するままに罪に飲み込まれるか。怒りや欲望の欲するままに罪に飲み込まれるのは、ラクで、ある種の爽快感もあるが、その行く先は、呪いと放浪、死である。
罪を「支配」するのは、ちょっとした我慢と努力が必要だが、その行く先は、いのちと祝福である。
礼拝や奉仕で、思い通りに行かずに「怒り」がこみ上げた時、神と人の前から「顔を伏せたい」時は、罪が私達をのぞき見して、待ち伏せしている事を知るべき であり、その時私達はそれを支配しなくてはならない。罪を支配するとは、神の知識に逆らうあらゆる高慢を打ち倒し、あらゆる思惑をとりこにして「キリスト に従わせ」、完全に服従させる事である。(2コリント10:5-6) すなわち、こみ上げて来た怒りを、湧き起こって来た欲望を、イエスキリストの名に よって捕縛し、キリストの前に引きずり出して、宣言するのである。
「イエス様、この罪が、怒りが、欲望が、私に誘惑をかけて来ましたので、逮捕して、あなたの御前に引きずり出しました。どうか、あなたがこれを永遠の火の牢屋に入れ、私の事は、あなたが支配して下さい」と。
私達は日々、礼拝においても、日常においても、常に自分を御言葉の光に照らし合わせて、主の道を正しく歩んでいるかどうかチェックすべきである。自分が為 そうとしている事が、御心にかなっているかどうかをチェックする、最も簡単な方法は、真理なるお方、御言葉なるお方である、イエス・キリストの名によっ て、その事が出来るかどうかを問う事である。(コロサイ3:17)
皆さんが成しているあの事、この事は、イエス様の名によって堂々と出来るだろうか?もし、そうでないのなら、それをとりこにし、キリストにあって支配すべきである。

カインとアベルは、何月何日に信仰の試験があるから、その日に備えて準備しておこう、などとは思っていなかったはずだ。信仰の試験は、盗人のように、ある日突然来るものだ。それは私達も同じである。
その試験の時、私達がどんなパフォーマンスをするかは、私達が日常をどんな心構えで過ごすかで決まる。
彼らが、主に、供え物を捧げた時、彼らが普段、どういう信仰態度であったのかが、如実に示された。
普段から、神と人とに感謝が無い者は、とっさに感謝は出せないものであるし、また、普段から怒りに身を任せている者は、怒ってはならぬ時に、それが制御できないものである。
カインは「主の前」という、決して怒ってはならない時に怒り、主に顔を背けるという尊大さが現れた。突発的な怒りが、彼を尊大にさせたのではなく、普段か ら怒りを制御しない事の、「霊的怠慢」が、露わにされ、その怠慢の刈り取りは、永遠に受けるのだ。それ故、私達は普段の心がけが大事である。
普段から、少しずつでも罪や怒り、欲望をキリストにあって制御し続け、良きものはキリストに捧げ続けるのであれば、それが積りに積もって、いざという時、正しい立ち居振る舞いが出来るのである。
皆さんはいざという時、カインのように振る舞うだろうか。それとも、アベルのように振る舞うだろうか。

posted by リチャード at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

アベル - 神にリスペクトされる捧げ物(創世記4:1-5)

アベル - 神にリスペクトされる捧げ物(創世記4:1-5)
第一礼拝・礼拝全体音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
第二礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

『彼女はみごもり、カインを産んで言った、「わたしは主によって、ひとりの人を得た」。彼女はまた、その弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。』(創世記4:1-2)
カインの名前には「得た」「所有」の意味があり、アベルは「吐息」「虚しい」の意味がある。
あまりパッとしないアベルだが、新約で彼は「義人」として数えられている。(マタイ23:35、ヘブル11:4) 
彼について記されている情報は、僅かである。カインは、語ったセリフも、神様からの語りかけも多いのに、アベルには、全く無い。それなのに、なぜアベルは義人として有名なのか。僅かな情報から辿ってみたい。

「時が経って次の事が起こった、カインは、地の実りから主へのささげ物を持って来た。また、アベルも彼の群の中から、初子の、それも最も肥えたものを主に 持って来た。主は、アベルと、そのささげ物とに、リスペクトした。しかし、カインと、その捧げ物とに、彼はリスペクトしなかった。」(創世記4:3-4、 KJVから翻訳)
主に捧げ物を捧げる時、カインは、ただ地の実りを、ただ持ってきた、のに対し、アベルは、自分の群れの中から「どれが一番良いものだろうか」と悩み、初子 達の中から、最も肥えたものを選び出して、主に持って行ったのだ。 アベルは「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして」神を敬っていたのが分かる。
主は今、生きておられ、今この瞬間も、私たちの心の成り行きを見て、知っておられる。それ故、主を敬う心こそ礼拝で最も必要であり、形だけの礼拝では、主から御言葉も恵みも答えも祝福も頂く事は出来ない。
主に捧げているのに、主からそっぽ向かれている感じがしたり、仕事や人間関係がうまく行っていない、祝福から遠い、と感じる事は、あるだろうか。私達は、ある捧げ物は主にリスペクトされ、ある捧げ物はそっぽ向かれてしまう、という事が厳然としてある事を、知るべきである。

また、アベルの捧げ方は、神様がよしとされる方法にのっとっていた。
神様がよしとされる方法とは何か。それは前回見たように、”犠牲”がある事である。カインの捧げ物には、命の犠牲は無かったが、アベルは、自分の手で育てた最も良いいのちを、犠牲にして主に捧げた。
私達は、勝手に考え編み出した礼拝形式を人に、そして神に、押し付けてはならず、神の側が提示された方法に、私達の側が従うべきであり、御言葉の根拠なき礼拝や奉仕、御心から外れた「自分流の礼拝」を捧げても、主を怒らせるだけである。
「主への祭り」と称して金の子牛を造って飲み食いし戯れたイスラエルの民は、それで主に仕えているつもりだったが、主は彼らを怒り、滅ぼそうとされた。(出エジプト記32章)
示されていた御言葉を読んだなら、それは、とんでもない反逆だと容易に判るはずなのに、彼らには、御言葉に聞く心が無かったため、「礼拝を捧げている」と 大真面目に 思いつつ、逆に、主に滅ぼされる寸前までの怒りを買っていたのだ。
主に仕えているつもりでいながら、主を悲しませ怒らせている、という事も、厳然としてある。それを防ぐために、私達は常に御言葉の真理に照らし合わせ、主の道を正しく歩んでいるかチェックすべきである。

またアベルは、その名前からして、自分を誇らない、砕かれた、悔いた心を持っていたはずである。「あなたはいけにえを好まれません。たといわたしが燔祭を ささげても、あなたは喜ばれないでしょう。神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、あなたは砕けた悔いた心をかろしめられません。」(詩篇 51:16-17)
たとえ、アベルがどんな豪勢な焼き尽くす捧げ物をささげても、彼の心が砕かれていなかったなら、その捧げ物は受け入れられなかったのだろう。それに対し、カインの心は砕かれてもおらず、悔いてもいなかった。
カインとその捧げ物に、神からのリスペクトが得られなかった時、彼は憤り、顔を伏せたが、その行動から、彼は明らかに自分の方法や自分の気分を、神よりも高い位置に置いていた事が分かる。
『信仰によって、アベルはカインよりも勝ったいけにえを神に捧げ、信仰によって義なる者と認められた。神が、彼の供え物をよしとされたからである。彼は死んだが、信仰によって今もなお語っている。』(ヘブ11:4)
もし私たちが、正しく行っていないとしたら、神に受け入れられない。思い通りに行かない事で、怒りが込み上げてくるとしたら、罪は戸口で私達を慕っている。その時、私達はそれを治めるべきである。
もしそれをしなければ、どうなるか。それは次回詳しく見ていきたい。

posted by リチャード at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

アダム - 土地の呪いとそこからの救い(創世記3:17-24)

アダム - 土地の呪いとそこからの救い(創世記3:17-24)

「あなたが妻の言葉を聞いて、食べるなと、わたしが命じた木から取って食べたので、地はあなたのためにのろわれ、あなたは一生、苦しんで地から食物を取る。地はあなたのために、いばらとあざみとを生じ、あなたは野の草を食べるであろう。」(創世記3:17-18)
アダムの御言葉に対する不従順への報いは、土(アダマ)への呪いである。男は一生、汗水流し、労苦して働くけれど、土地はそれに対抗して、わずかしか実らせず、しかもわざわざ茨やあざみを生えさせるのだ。
私達はどうしたら、このアダムへの呪いから開放されるのだろうか。今回は、その方法を学びたい。

『主なる神は言われた。「人は我々の一人のように、善悪を知る者となった。今は、手を伸ばして命の木からも取って食べ、永遠に生きる者となるおそれがある。」』(創世記3:22)
神から離れ、ほしいままに罪の善悪判断をすようになった人間を、永遠に生きないようにされたのは、神の大きな憐れみである。実際、後の時代になると、道な らぬ性によっていのちが呪われ、ネフィル(原意:伐採者。巨人、いじめっ子、暴君の意味もある)がはびこり、虐待が虐待を生み、暴力が暴力を生み、憎しみ が憎しみを生んで、新しく世に生まれてくる命たちは、ただ無防備に、暴虐に満ちた世へと、送り出されて行くだけだった。それで神は、人の齢を120年程度 とされたのだ。(創世記6章)
神を知らぬ善悪判断を持った巨人達が、ほしいままに振舞っている世界、痛みと悲惨に満ちた世界の中で、決して死ぬ事が出来ないとしたら、それこそ地獄である。

神は、人が罪を犯したからと言って、そのまま滅ぼすことをせず、また裸のまま追い出す事はしなかった。
「主なる神は、アダムと女に皮の衣を作って着せられた。」(創世記3:21)
人は裸を覆うために自分の編み出した方法(いちじくの葉)によって取り繕いをしたが、それでは不完全だ。
真に裸を覆うのは、主の方法でなければならない。
日本で犯罪を犯したら、日本の法律に則って対処しなくてはならないように、人の弱さや罪を覆う方法は、神の方法に乗っていなくてはならない。その神の方法とは、犠牲である。
何かの動物を犠牲として、人に「皮の衣」が与えられたように、神は、私達の罪や弱さという”裸”を覆うために、キリストという、罪を贖うまことの小羊を犠牲として与えて下さり、”裸”を覆おうとされた。
キリストこそ贖いの衣であり(ガラテヤ3:27)、この衣を着ているなら、神と悪魔の前に、決して裸ではない。
アダムとエバはいちじくの葉で取り繕ったが、そういう自前の方法では、罪や弱さという裸を覆った事にはならない。ただ、神が与えて下さった”衣”で覆われてのみ、御前に有効なのだ。

罪や弱さという裸を覆う、神が与えて下さるまことの”衣”。それはキリスト、すなわち”第二のアダム”である。
ヤコブが動物の毛皮を着た事で、祝福を受けるべき子と認定され、祝福を勝ち得たように(創世記27章)、私達もキリストを着るなら、父なる神様から「祝福を受けるべき子」と認定され、祝福を勝ち得られるのだ。
キリストを受け入れた人、その名を信じた人には、神の子どもとされる特権が与えられる。(ヨハネ1:12)
神の子と認定された人には、もはや第一のアダムの呪いは、及ばない。(1コリント15:42-49)
第一のアダムの失敗以来、被造物は切実な思いで神の子ども達の現われを待ち望んでいる。(ロマ8:19)
つまり被造物は、神の子達、すなわち、イエス様を信じるキリスト者達の現れを切に待ち望み、罪ある人達の支配から解放され、神の子たちによる正当な支配に 入る事を、アダム以来の呪いから解放される事を、切望しているのだ。だから被造物は、キリスト者が目の前に現れたなら、両手を上げて喜び歓迎するのだ。

キリストにあって歩み続ける人は、神の子としての性質をますます帯び、ますます被造物から歓迎される。
人がまだ善悪を知る前、神は人に、生んで増えるように、全ての生物を支配するようにと命じ、祝福された。
「他を支配するのは良くないのでは」と思う方もいるが、そう思う理由は、神を恐れぬ者による圧政や搾取などの「悪い支配」にうんざりしており、それを無意識的に恐れているからだ。
しかし、キリストにあって歩む人、御言葉に忠実な人が行う「正しい支配」は、確かに存在する。
神の子とされたキリスト者は、世の中から悪い支配権を奪回し、多くの人を、全被造物を、幸いにすべきだ

posted by リチャード at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

エバ - いのち産む事の呪いと救い(創世記3:16)

エバ - いのち産む事の呪いと救い(創世記3:16)
第一礼拝・礼拝全体音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
第二礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

引用元:http://voh.plala.jp/modules/d3blog/details.php?bid=1820&cid=3


女は、善悪を知る実を自ら取って食べ、それを夫にも与え、罪と死を、全被造物に運び込んでしまった。
それで女性は、産みの苦しみが増し加わる事の呪いと、夫を切望するのだけれど、支配権は夫のほうにあり、女性は彼に支配される事になるという呪いが、定められてしまった。
『わたしはあなたの産みの苦しみを大いに増す。あなたは苦しんで子を産む。』(創世記3:16)
出産は元々、主が祝福された命を、産んで増やしていくという、御心に叶ったすばらしき事であったはずなのに、全人類に罪を導入してしまって以降、それは罪を地にはびこらせる「悪しき事」に変容してしまった。
レビ記12章を見ると、出産は「汚れ」と定められ、男の子を産んだ女性は、七日間汚れ、さらにもう三十三日、きよめのために家に篭もり、その間は、聖なる所に出入りしてはならないとされた。
そして、女の子を出産した場合は、その汚れときよめの期間は、男の子の場合の2倍とされた。
新しいいのちを世に送り出される「おめでた」は、なぜ「汚れ」となってしまい、「きよめ」が必要なのか。
また、女の子の場合は、なぜ汚れからきよめられる期間が、男の子の2倍なのか。
ある人達はここを「女性差別」だ、失礼だ、としている。しかし、主がそのように定められた以上、私達は善し悪し判断は止め、なぜそのように定められているのかに思いを巡らせるべきで、その背後に隠されている重要な意味を汲み取ろうとするのが、御言葉への正しい対応である。

主は女性にいのちを産み育てるという特別な役割を与えられ、また「母性」という特別な愛情を与えられた。
だから、いのちを産む事に対し、また、性に対しては、ことさら注意深く、清めに立つ必要があるのだ。
出産した女性は、計四十日(女児の場合は八十日)という閉じこもるべき期間に、新しく生まれたいのちとじっくり向き合いながら、エバ特有の、犯しやすい罪 と弱さについて、また、汚れときよめについて、そして、これから母として、いのちを育み育てて行くべき事を、思いめぐらし、じっくり考えるべきなのだ。
「汚れ」と「きよめ」を、しっかり思い巡らす女性には、この期間は、いのちと向き合う良き学びの時であり、同時に、産後の肥立ちを良くして、新しいいのちを再び生み出す土台を体に造る、安息の期間なのだ。
四十日という期間、それはまた、ノアの時代に大雨が降り続いたのと同じ期間である。
洪水の四十日の間、増え続けてしまった悪しきいのち達は、洗い流され、ノア家族の他、神に呼び出されたいのち達は、方舟の中にじっと閉じこもり、新しく改まった世へ送り出される事を、じっと待っていた。
同じように女性も、四十という間、じっと閉じこもり、悪しき呪われるべきいのちを洗い流し、神の御手によって守られた新しきいのちを世に送り出す準備期間とするのだ。

『それでもなお、あなたは夫を慕い、彼はあなたを治めるであろう。』(創世記3:16)
罪ある男に支配される事は、呪い以外の何物でもない。女性は、どのようにして、この「呪い」を「祝福」に変えることが出来るだろうか。それは、唯一完全な男・キリストを夫とし、彼の支配に入る事によってである。
サマリヤの女には、5人の夫があったが、それでも渇きに渇いた。しかし全人類の真の「主人」であるキリストを主人とするなら決して渇く事が無く、その人の内から永遠のいのちへの水がほとばしり出る。(ヨハ4章)
また、パウロは命じている。女性は身なりも態度も「慎み深さ」によって飾るべき事を。(1テモテ2:9)
『アダムは惑わされなかったが、女は惑わされて、あやまちを犯した。 しかし、女が慎み深く、信仰と愛と清さとを持ち続けるなら、子を産むことによって救われるであろう。』(1テモテ2:14-15)
子を産む事によって救われる、とは、どういう事か。主は「女の子孫」すなわちキリストによって、蛇の頭を砕く事を預言しておられた。私達も、世界も、キリストという新しいいのちを生み出すなら、救われるのだ。
だから私達は、キリストが形造られるまで、肉の思いを殺しつつ、産みの苦しみをするのだ。
いのちを産む事、子を育てる事、そして、性的な事には、ことさら「汚れ」が入りやすく、それらの事には、特に「きよめ」の意識を持たなくてはならない。
ユダヤ人女性は、出産のたびにそれを学び、いのちと性に関する概念がとてもしっかりしているため、ユダヤ民族は様々な歴史的困難にもかかわらず、栄え、増 え広がって行った。しかし、そうした学びの一切無い異教徒達は、性を快楽の道具として、いたずらに用い、罪と汚れ、悲惨さを多く生み出して来てしまった。
いのちを産む事の大切さを正しく学び、祝福のいのちを産んで増やして行く皆さんでありますように!

posted by リチャード at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

蛇 - 踏み砕かれるべき者(創世記3:14-15)

蛇 - 踏み砕かれるべき者(創世記3:14-15)
第一礼拝・礼拝全体音声(韓国語通訳有한국어예배):右クリックで保存
第二礼拝・礼拝全体音声:右クリックで保存
週報/メッセージ(説教)概要:右クリックで保存

引用元:http://voh.plala.jp/modules/d3blog/details.php?bid=1811&cid=3


エバを欺き、人類全体に罪と死を導入してしまった蛇(サタン)に対し、主は、呪いを宣言した。
蛇(サタン)は、どの獣よりも呪われ、一生、腹で這いつくばって地を生き巡り(ヨブ1:7)、食いつくすべき「ちり(アファー:土、泥:人の組成)」を探しまわる事になった。(1ペテロ5:8)
神の息吹(霊)なき人は、ちりに過ぎず、蛇のえじきなのだ。神である主は、蛇にだまされて死に陥り、神の似姿からかけ離れた「ちり」になってしまった人間を救うため、救いのご計画を早速立てられた。
世界の救い主であるイエスキリストの誕生が、最も最初に預言された箇所は、どこだろうか。アダムとエバが全人類に罪と死をもたらしたのは創世記3章6節だが、そこから10節も数えぬ、創世記3章15節である。
エバが蛇にそそのかされ、禁じられていた実を食べてしまった時、神は蛇に「お前と女、お前の子孫と女の子孫(種)の間にわたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き、お前は彼のかかとを砕く。」と言われた。

創世記3章15節。この短い箇所は、実に、聖書全体を簡潔に表している。
聖書は、本としては分厚いほうだが、分厚くなってしまった原因は、この創世記3章1-15節にあると言っても、過言ではない。もしアダムとエバが、善悪を知る知識の木から取って食べていなければ、創世記3章から、黙示録20章までの長い部分は、必要無かっただろう。
創世記2章以前と、黙示録21章以降は、神と人との隔てが一切無く、神と人とが永遠に共に住み、罪も、死も、呪いも、一切無い世界である。神の目的は、人類を、本来あるべき姿である「そこ」へ戻す事なのだ。
全人類は、この事件以降、神から離れ、蛇(サタン)に思うままに支配され、自ら善悪判断をしながら生きなくてはならなくなってしまったが、エデン追放以降 の人類歴史、いや、全被造物の歴史は、「女の子孫(単数形の種)」を神が備え、彼をして蛇の頭を砕かせ、全被造物に救いをもたらす「救い」の歴史なのだ。

神は、堕落してしまった人類を、罪と死から救い出すために、アブラハムを選び、アブラハムからイスラエル民族を興され、そのアブラハムの子孫によって全人類は祝福に入る事を約束された。(創世記15:1-6)
このイスラエル民族に律法を預けて、神の義の基準を明示し、忠実なしもべダビデから永遠に続く一つの家、永遠に続く王国を建てる約束を与え(1歴代誌17:4-15)、そのダビデの末から、キリストが生まれた。
聖書の最重要キーパーソンは、イエス・キリストである。
「女の子孫」の預言は、このメシヤであるイエスキリストの誕生によって、成就した。
『 「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。』(マタイ1:23)
神は、いつも共におられたのだ。罪を犯し死の呪いに陥ってしまった人間を、決して見捨てる事なく。

「彼はお前の頭を砕き、お前は彼のかかとを砕く」と言われている通り、蛇(サタン)はキリストに、ある程度のダメージを与えるが、キリストは、サタンの頭を打ち砕き、致命打を与え、勝利する。
イエス様は何によって勝利したか。それは十字架の死に至るまでの従順によってである。(ピリピ2:8)
第一のアダムは、御言葉への不従順によって、罪と死の呪いを全被造物に招いてしまった。
しかし第二のアダムは、十字架の死に至るまでの従順によって勝利し、このキリストに連なる、全て御言葉に従順な人には、罪の赦しと、死の体からのよみがえりと、永遠のいのちが与えられる。
私達に必要なのは、イエス・キリストへの信仰と、自分の十字架を負って主について行く従順である。
『あなたがたの従順は、すべての人々の耳に達しており、それをあなたがたのために喜んでいる。しかし、わたしの願うところは、あなたがたが善にさとく、悪 には、うとくあってほしいことである。平和の神は、サタンをすみやかにあなたがたの足の下に踏み砕くであろう。』(ローマ16:20)
主は、善にさとく悪にうとく、御言葉に従順な人の足を用いて、サタンを踏み砕かせて下さるのである。

人の道は、エデンの園以来、二つに一つだ。すなわち、善悪判断の木を選ぶか、それとも、十字架といういのちの木を選ぶか。御言葉に従順して、永遠のいのちを生きるか、それとも退けて、死を選ぶか。
キリストを選び、永遠のいのちを獲得する皆さんでありますように!イエス様の名前によって祝福します!

posted by リチャード at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。